妊婦体操とは?

妊婦がする運動はいざとなるとよくわからないのが実情かも
しれません。足腰を痛めては大変ですし、かといって、腰痛、
ひざ痛を予防することも大切な体操の役目の一つです。では、
そのために開発された妊婦体操をご紹介しましょう。まずは、
姿勢を正しくしましょう。お中がどんどん大きくなり、重く
なった時に、腰などの関節痛を防ぐことができます。

第2には楽しい体操をしましょう。気分が変わり気分が高まる
ことでとてもリフレッシュできます。妊婦の心身をリフレッシュ
すれば、赤ちゃんもおなかの中で元気になるのです。おなかの
中の赤ちゃんが、元気に、お母さんと一緒に動く様子を感じる
ことだってできますよね。

さて、続いて、お産を楽にするための体操でありたいです。
体操をすることで、股関節や骨盤の動きを促しながら、周囲の
筋肉を柔らかくしておきましょう。出産はあなたの体のすべて
を使うものですが、特に、股関節や骨盤の動きが良くないと、
赤ちゃんが産道を出るときにとても大変です。ぜひとも、
体操で、これらの骨格と筋肉を柔らかくしておいてください。

妊婦体操とは、通常、妊娠初期から始めた方がいいです。
そして、安定期になることには、芦屋腰周辺のストレッチャ
などで、妊婦の体に負担が少ない運動を中心にしましょう。
たとえば、産婦人科などで行ってくれるマタニティビクスの
ような、運動系のトレーニングもお勧めですし、ツイスト
などのように体を動かす体操も取り入れていきたいものです。

スポンサードリンク


   

当サイト人気コンテンツ

★ 妊娠中の性行為は?
★ 体重変化はどのように?
★ ダイエットについて
★ 妊婦体操とは?
★ 気をつけるべき病気
★ 薬との付き合い方



Copyright (C) 2007 妊婦@解説NAVI All Rights Reserved.