妊婦の体重変化はどのように?

妊婦は、妊娠後から出産直前までに、体重が増えるのは当然です。
通常は、1-キロぐらいまでは冷えても心配はないのですが、
たとえば、12キログラムも増加すると、南山や妊娠中毒症に陥り
やすいと言われています。だからと言って、栄養を取りすぎない
のも問題ですので、せめて、暴飲暴食を避けながら、きちんと
した栄養を摂取してもらいたいものです。

体重増加は通常は次のような内容になっています。乳房の膨らみ
と血液の増加で、 1.7〜2.5kg、赤ちゃんの体重が3kg、胎盤と
羊水で1kg、脂肪に2kgで、合計、8,5キロぐらいになりますね。
自分の体重を把握しておくためには、同じ時間に体重を量りこと
にしてください。これらを食事内容と一緒に記録すると、後々に
大いに参考になります。

なお、つわりが終わったころから、食欲が増大するのが普通です。
太りすぎに気を付けていただきたいですが、では太りすぎた時の
リスクをあげておきましょう。

1 妊娠中毒症になりやすい。
2 妊娠糖尿病になりやすい。
3 産道に脂肪が付き過ぎるので、難産で苦労しやすい。
4 子宮収縮が弱まってしまって、出産が長引きやすい。
5 腰痛や膝の痛みが出やすい。

妊婦の時には、体重増加はうれしいものです。次第に大きくなる
お腹と、その中で動く様子がわかると、とても充実した気持ちに
なりますね。でも、自分のためだけではなく、赤ちゃんのためにも、
太りすぎにならないことはとても大事なことです。とくに目に
見えないところで、子宮の収縮が弱まったり、産道に脂肪が付き
すぎると聞くと、恐ろしい話ですね。

スポンサードリンク


   

当サイト人気コンテンツ

★ 妊娠中の性行為は?
★ 体重変化はどのように?
★ ダイエットについて
★ 妊婦体操とは?
★ 気をつけるべき病気
★ 薬との付き合い方



Copyright (C) 2007 妊婦@解説NAVI All Rights Reserved.