妊婦にお勧めの食べ物は

妊婦が食べておいた方がいい食物とは、ではいったいどんなもの
なのでしょう。妊婦が食べるものが結局は赤ちゃんの発育に大きく
関係するのは、ご理解いただけると思います。その点、まずは、
赤ちゃんに必要な栄養素として、体を作るたんぱく質とカルシウム
は欠かせません。タンパク質は、肉、魚、豆腐などに多く含まれ
ますね。カルシュームは、小魚の乳製品から多く摂取できます。

続いて、妊娠中期から、妊婦は、貧血が起きやすくなります。
そのためには、鉄分の摂取を忘れてはなりません。摂取しにくい
場合は、鉄分のサプリメントを利用するのが手軽ですね。さらに、
野菜や果物を多く食べましょう。これは、ビタミン類を補給する
ためです。

ところで塩分や糖分の摂り過ぎはお勧めできません。塩分などは、
自分の摂取量んい疑問を持たない場合が多いのですが、最近は、
これについての情報も多いですので、他との比較で、ご自分の
塩分を確かめることをお勧めします。塩分は妊娠中毒症のリスク
をあげますし、糖分もまた、糖尿病などの原因になりますので、
薄味で健康的な食生活を心掛けたいものです。

私の知る妊婦さんで、妊娠中には油ものを控え、もちろん塩分も
控えている人がいました。言い換えれば、ほとんどが植物性
たんぱく質で賄っていたのです。妊婦さんは10か月の間、何に
病気にも掛からず、なおかつ、生まれてきた赤ちゃんが非常に
身のしまった、しかも小粒の元気な赤ちゃんでした。その後、
2年以上も授乳を続け、赤ちゃんともども、非常に健康的な生活
が送れているのですが、特に、アレルギー体質が赤ちゃんに
出なかったことが素晴らしいことだと思いました。

スポンサードリンク


   

当サイト人気コンテンツ

★ 妊娠中の性行為は?
★ 体重変化はどのように?
★ ダイエットについて
★ 妊婦体操とは?
★ 気をつけるべき病気
★ 薬との付き合い方



Copyright (C) 2007 妊婦@解説NAVI All Rights Reserved.