妊婦の食事は多すぎないこと

妊娠中の食事は赤ちゃんの発育にも影響しますし、妊娠中毒症
などの症状とも関連してくるので注意が必要です。妊娠中はつわり
の時期は特にそうですが、食欲が出たり出なかったり、味覚が変化
したり、臭いに敏感になったりと様々に変化することがあります。
このようなでも適切な量と栄養バランスの取れた食事を心がける
ことが大切です。

ではどのくらいの量を食事で取ればいいのでしょうか?実は赤ちゃん
の分までと、つい食べ過ぎることが考えれますが、その目安は年齢
や体重によっても変わるものです。通常は日ごろの自分の摂取カロリー
に350キロカロリーを加えた分と考えましょう。若い年齢の場合でも、
2150キロカロリーで十分なのです。

赤ちゃんが将来、肥満体になる可能性が出るのは、おなかの中での
状態によっても決まると言われています。カロリーが高すぎると、
ホルモンの関係で、赤ちゃんの太りやすくなります。標準的には、
妊娠によって体重が最大でも10キログラム帆と増加するのがベスト
です。1週間で500グラム程度の増加を目安にしましょう。

妊婦の時に太りすぎると、後々に後遺症や出産のリスクも上がり
ます。それは、妊娠中毒症になりやすくなるし、難産で苦しむ場合
も多くなります。また、出産後の妊娠線も出来やすくなりますし、
体型が元に戻るのも大変になりますね。意外なことに、食べすぎ
ないことが大事なのです。

スポンサードリンク


   

当サイト人気コンテンツ

★ 妊娠中の性行為は?
★ 体重変化はどのように?
★ ダイエットについて
★ 妊婦体操とは?
★ 気をつけるべき病気
★ 薬との付き合い方



Copyright (C) 2007 妊婦@解説NAVI All Rights Reserved.