妊婦が知っておくべき基礎知識を解説!

妊婦というのは普通の体とは違います。それはおなかが
大きくなるだけなんて、簡単なものではないですよね。
つまりなどという、気分が悪くなる時もあるし、吐き気
がして、ものが食べれないことだってあります。いざと
いうとき、あわてないためにも、ここでは、妊婦に
ついての知っておくべき情報をまとめようと思います。

まず、妊婦健診についてです。妊娠をすると、まずは、
保健所に届けをするのです。保健所では、妊娠中のママの
安全と赤ちゃんの発育を見守るために、妊婦健診を定期的
に行ってくれますが、その内容は、ママのお腹や赤ちゃん
の発育に異常がないかを検査してくれるのです。もちろん、
その結果、早産や流産の原因となる感染症の有無もわかる
のですよね。

その時期は、妊娠初期から妊娠6ヶ月頃までは毎月1回程度、
妊娠7ヶ月頃からは2週間に1回の間隔での健診が一般的です。
ただし、必要であれば、その回数が増えることもあります
ので、医師の診断に従いましょう。体重・血圧測定、腹囲・
子宮底長計測、尿検査、触診、超音波検査、血液検査や
検体検査、保健指導などの項目がありますので、妊娠を
総合的に検査してくれることから、非常に対じな検査に
なっております。

ところで妊婦検診では健康状態を把握すると同時にお腹の
中の赤ちゃんの心臓の音や顔や体をみることが出来るため、
妊婦さんにもとても楽しみなチャンスです。妊娠4カ月位
になると、少しずつ人間らしい姿が、超音波検針でわかって
きますし、性別も確認できるようになります。最近では、
立体的な映像を再現することもできるようになって、若い
妊婦さんは、その映像を希望されるくらい、楽しみなもの
ですよね。

本サイトが妊婦の皆様やこれから妊娠される方々のお役に
立てれば幸いです。今後も当サイトはコンテンツを充実
させて行きますので是非また遊びにこられて下さい☆

スポンサードリンク


   

当サイト人気コンテンツ

★ 妊娠中の性行為は?
★ 体重変化はどのように?
★ ダイエットについて
★ 妊婦体操とは?
★ 気をつけるべき病気
★ 薬との付き合い方

妊娠関連ニュース



Copyright (C) 2007 妊婦@解説NAVI All Rights Reserved.